設定されたテーブル
プーリーロゴ.png

2400を超えるワイナリーを擁する​広大なオーストラリアのトップワイナリー13位に選ばれる実力派

ワイナリー特徴

1985年に設立されたPooleyWinesは、オーストラリアのトップワイナリーの13位に選ばれました。受賞歴のあるピノノワール、リースリング、シャルドネをオーストラリア・タスマニアの涼しい気候で生産しています。
果実はタスマニア南部のコールリバーバレーにある2つのブドウ畑(クーインダベール、ブッチャーズヒル)からプーリーエステートで栽培されます。どちらのブドウ畑も、気候、地域、土壌が異なるため、それぞれ 特徴のあるワインを生み出しています。
アンナプーリーと夫のジャスティンバブは最大限に自然を生かし、ブドウ畑から永続的な方法で果実を栽培しワインを作っています。

受賞歴

2021ハリデーワイン コンパニオン
・ 
95 point – POOLEY Pinot Noir 2018
95 point – POOLEY Riesling 2019
 

2019ロイヤルメルボルン ワインショー
・ TOP Gold – POOLEY Riesling 2019

マシュー・プーリー

ブドウ栽培者

ブドウ栽培のスタートは10代の頃。祖父のブドウの挿し木を植える手伝いが始まり。Marcus Oldham Farm Business Management Collegeでファームビジネスマネジメントの学位取得。ワイン製造施設などでワイン製造のスキルと経験を発展させてきた。

POOLEY1.png

アンナ・プーリー

ワインメーカー

アデレード大学でワイン造りを学ぶ。

バロッサバレーのウルフブラスワイナリーでワインメーカーとして

​働いて研鑽を積み、生まれ故郷タスマニアに戻り今に至る。